FC2ブログ
フィアン家のフィアン家によるフィアン家のためのECOだ!!
ECOルピナスサーバーで活躍中のフィアン3姉妹によるシスターラブストーリー!・・・を目指してた。でも今の形も気に入ってます。 (C)2006 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
3姉妹の冬
『俺の目的は元の時代に戻ること。そして、フィーにこの体をきちんと返すこと。その両方の目的にはプリッシュ・ノア・・・いや、皇女であるセレスティ・ノースウィンドの命が必要なんだ』

コト

「ふー・・・終わった」
「一段落つきましたか?お姉さま」

「あ、ケイ。うん、やっとね。ぎりぎり間に合ったよ」

「それは良かったです。今お茶淹れますね」

「頼むわ。でもこれでしばらくは暇が出来そうだよ」

「そうなのですか?」

「うん、冒険の依頼も今のところは簡単なものしか来てないからね。それらは駆け出しにやらせるつもり。しばらくは自宅でのんびりするよ」

「それはシャルも喜びますね。あ、こたつで待っててください。すぐお持ちします」

「うん、分かった」


winter-1.jpg


「あー・・・暖まる。やっぱ冬にはこたつだね」

「ですね、お姉さま。エミルの良き伝統家具であります。はい、お茶ですよ」

「ありがと、ケイ。体の方は大丈夫?」

「ええ、お姉さまに心配かけずに家事が出来るほどには元気ですわ」

「それは良かった」

「それよりもお姉さまの体の方が心配です。昨夜も徹夜なされてたでしょ?」

「あ、いや」

「他人の心配よりまずはご自愛ください。お姉さまはただでさえ無理しがちなのですから」

「大丈夫だよケイ。超えちゃいけない一線は守ってるつもり。体調管理が出来ない冒険者なんてただの馬鹿だからね」

「だといいのですが・・・」

「「(ずずー・・・)」」

「はあー・・・・美味しい」

「藍ちゃんから教わった葉に入れ方をしてますから、当然ですよ」

「なるほど、いい仕事してるはずだね。そういえばシャルは?」

「マーチャントギルドに行ってますよ。何でも今日は他ギルドの見学の日らしいです」

「こんな時期に?」

「みたいですね。でも他ギルドとの予定を合わせてたらどうしても実行期日はばらばらになっちゃうみたいです。でもそろそろ帰ってくる頃だと思いますよ?」

ドタドタドタ

「あら、噂をすれば」


winter-2.jpg


「たっだいまー!フィー姉、お外雪降ってたよ!!
雪合戦しよ雪合戦!」


「こら、お姉さまは疲れてるのよ?あなただって外から帰ったばっかなんだから少し休んでいきなさい」

「でもケー姉。雪だよ?アクロニアにはほとんど降らないんだよ?だったら楽しまないと!」

「おかえり、でも・・・ゴメン、シャル。さすがに無理そうだわ・・・悪いけど今日は勘弁してくれない?」

「えー・・・」

「まあまあ。その代わり美味しいお汁粉作ってあげるからね」

「ホント!?わーい!ケー姉、ありがと!!」

「あはは、良かったねシャル」

「うん!ケー姉の料理は美味しいからあたし大好き!!」

「ふふ、すぐ作るからこたつで待ってて。でも、その前に手洗いうがいをしなきゃだめよ?」

「はーい」

ドタドタドタ

「お汁粉かー・・・
ケイ、私の分も頼んでいい?」

「ええ、最初から作るつもりでしたわ。腕によりをかけて作りますから楽しみにしててくださいね♪」

winter-3.jpg


「にゃー・・・雪も良いけどこたつもいい・・・」

「あらあら」

「そこで寝ないでよ?シャル。風邪引いちゃうから」

「分かってるよフィー姉。私はもう子供じゃないんだよ?シリョブンべツくらいついてるもん!それよりもお汁粉まだー?」

「もう出来てますよ。はい、シャル」

「うわー。いただきまーす!」

「はい、お姉さま」

「ありがと。あら、ケイの分は?」

「私(わたくし)は遠慮しておきます。これ以上食べると太っちゃいそうで・・・」

「ケー姉は全然太ってないよ!胸大きいけど」

「あー、確かに太ってないね。胸大きいけど」

「シャル!ってお姉さままで・・・」

「ごめん、ごめん。半分冗談だよ」

「半分ですか?」

「だって・・・ねえ、フィー姉?」

「ねえ?」

「もー・・・」

「あはは!!」

数時間後

「(スー・・・スー・・・)」

「結局、こたつに入ったまま寝ちゃいましたね」

「全く、しょうがない子だなシャルは。ケイ、この子の寝巻きお願い」

「はい」

「シャル、シャル。寝るならベッドに寝なさい」

「ん・・・みー・・・」

「ケイもそろそろ寝なさいね?明日の体調に響くんだから」

「分かってますよ。心配しすぎなんですってお姉さま。ではお休みなさいませ。さ、シャル」

「うみゅー・・・」

「お休み」

20分後

「「(スー・・・スー・・・)」」

穏やかな寝顔、可愛い妹達の安息の表情がフィーの心を満たす。

「お休み、二人とも・・・」

この二人が私の希望。今までも、そしてこれからも・・・
だから守り続けるよ。私の、全てをかけて。
スポンサーサイト
【2006/12/11 15:15】 | フィアン家物語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ケイとナンパ3人衆EP1『おでかけ』 | ホーム | フィアン家の紹介>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fefianeco.blog92.fc2.com/tb.php/14-262a8467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
みんなで作ろうProject開催中!

<詳細はこちら>
<投稿所はこちら>
進行状況表(11月16日現在)

フィアン家のカレンダー

フィアン家の人々

フィー・フィアン
暴力シスコン少女

ケイ・フィアン
病弱(?)お料理少女

シャル・フィアン
元気はつらつ天才幼女

オンライン
超ドジ天然少女

シスター
気苦労胸ぺた幼女


誘惑型ドM少女

最近のフィアン家

フィアン家へのお便り

フィアン家月間報告

フィアン家メモリアル

フィアン家訪問者

キーワードの入力

ECO勢力図

リンクはフリーです。ご自由にどうぞー。報告していただければこちらからも喜んでお邪魔させてもらいますね。
リンクにバナーを使用する場合、 下のバナーを お持ち帰りしてお使い下さいな。 バナーの直リンクは禁止となります。

認められました!


フィアン家のマナー

このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。 何か中の人に連絡する際はkenisui☆hotmail.co.jpの☆を@に変えたものにまでお願いしますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。